様々な病気を改善するために病院を受診しよう

Slim women

市販薬について

アレルギー性鼻炎の市販薬の値段について

アレルギー性鼻炎で悩まされている人は市販薬で何とか対処したいと考えている人も少なくないようです。 市販薬は病院で医師が処方する薬よりも作用が穏やかであることが多いです。また鼻水や鼻づまりやくしゃみといったアレルギー性鼻炎全般の症状を抑えるためにいくつかの成分が配合されている薬が多いようです。 市販薬の値段は種類や錠数などで様々なようです。安いものであれば1000円もかからない製品もありますし、高いものですと2000円を超える製品もあるようです。 ただしこのような市販薬を使い続けていても症状が改善されなければ高くつくケースもあります。そのような時は耳鼻科などを受診して医療用の医薬品を使った方が良いかもしれません。

最近では市販薬でも医療用医薬品の成分が使われるようになってきました

アレルギー性鼻炎の市販薬は総合的な症状を抑えるために複数の成分が配合されているものも少なくありません。 飲み薬ではアレルギー物質を抑える抗ヒスタミン薬と鼻づまりを改善する血管収縮剤と鼻水の分泌を抑える抗コリン薬と鼻粘膜の炎症を抑える抗炎症剤の成分が配合されたものが一般的に売られています。 また点鼻薬では血管収集薬と抗ヒスタミン薬などが配合されているものも売られています。 また最近では、アレルギー性鼻炎の薬も医療用で使われていた成分が市販薬でも売り出されることが多くなってきました。これらはスイッチOTCと言われる薬で医療用で使って安全性が確認されたために市販でも売り出されるようになってきました。 ですが、これらの薬の多くは第1類医薬品として分類されています。第1類医薬品は薬剤師の指導の下に販売される医薬品であるので、薬剤師がいないと買うことが出来ません。