様々な病気を改善するために病院を受診しよう

Slim women

泌尿器科での治療

泌尿器科で扱う症状などについて

泌尿器科とは、腎臓や膀胱など尿路に関係する部分を主に診療する科目です。 腎臓には、血液をろ過して老廃物を尿として体の外へ出すなど色々な働きがありますが、腎臓の機能が弱まると尿が出にくくなったり、体に毒素が回るなど様々な弊害が出てきます。 腎臓の機能が低下して本来の機能が果たせない場合は人工透析が必要になります。人工透析は特殊な装置で体中の血液を入れ替えるもので、泌尿器科の中でも透析治療を行っているところでは、透析室を設けてゆったり治療ができるように工夫されています。 そのほかに泌尿器科では、頻尿や尿漏れなどの治療も行っています。男性の場合は前立腺肥大症、女性の場合は腹圧性尿失禁が尿漏れの原因として多くなっています。

具体的な治療法などについて

人口透析には血液透析と腹膜透析がありますが、どちらの透析にしても週3回の透析治療が必要になります。 透析治療では毎回体中の血液を浄化する作業が行われるので長い時間を要します。そのため、透析治療を行う泌尿器科では快適に治療時間を過ごせるように工夫をしているところが多くあります。また、最近では通院が困難な患者のために自宅で透析治療ができる装置も開発されています。 尿漏れに関しては、くしゃみや咳をした拍子に尿が漏れてしまう症状を腹圧性尿失禁といいますが、最近では手術によって改善することも可能になっています。 加齢とともに尿漏れで悩む人も増えるといわれていますが、治療で改善することも多いので、泌尿器科を受診することが大切です。